理事長挨拶

 平素より公益財団法人沖縄県立芸術大学芸術振興財団にご理解とご支援を賜り深く感謝申し上げます。
 さて、当財団は沖縄県立芸術大学開学(昭和61年4月)に伴い、翌昭和62年11月に沖縄県立芸術大学芸術振興財団として設立され、これまで沖縄県立芸術大学並びに県内における芸術文化活動に対する助成・支援事業を展開してきました。
 平成25年7月には、公益財団法人へ移行し本年設立30周年を迎えました。
 運営体制を強化し、更なる助成・支援事業の充実を図る所存であります。
 今後とも当財団に対する県内外の個人・団体や企業等のご理解とご支援をお願い申し上げます。
 また、県立芸術大学並びに県内における芸術文化振興発展のため当財団を大いにご活用くださるよう期待しています。


 平成29年6月 吉 日 理事長 佐久本 嗣男

事務局より

1 財団の助成を受けるには? 
 沖縄県立芸術振興財団は、沖縄県立芸術大学の教育・研究・社会貢献活動及び地域社会における芸術文化活動の支援等を通じて沖縄県内における芸術文化の振興発展に寄与するために設立されたものです。
 財団が支援する助成事業については毎年公募し、応募のあったものの中から当財団の設立趣旨に沿った計画について選定して資金援助を行っています。
 これまでに選定された事業は県立芸大関係だけではなく、民間の琉球古典音楽関係団体による芸能公演などもありますが、一般からの応募はまだまだ少ないのが現状です。当財団としては、これまで以上に県内における各種の芸術文化活動の充実発展に更に貢献したいと考えていますので、幅広い分野からの積極的な応募を期待しています。
 応募の方法及び過去の助成事業については、当ホームページの別項の助成事業応募要項をご覧ください。

2 寄附のお願い
 当財団は沖縄県及び県下の各市町村からの財政援助と一般からの寄附によって運営されています。財団としては、今後も更に県内の芸術文化活動の支援を従事させ、芸術文化の薫り高い沖縄県の発展に貢献したいと考えています。そのためには、助成事業の原資の充実が必要不可欠です。
 ついては、多くの個人、法人の皆様方からのご寄附を切にお願いするものです。